読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早食いエイコク堂

2014年4月〜2016年9月19日迄の記事です。以降は八五九堂Brogでリスタート。

小田原おでんを食べ小田原城を観てきた @神奈川県小田原

街歩き 食べ物 公園 E-M5 Mark II M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II Photoブログ
広告

T-6153765

こんにちは、エイコク堂です。

小田原におでんを食べに行ったついでに、この5月に平成の大改修を終え公開された小田原城天守閣に行って来ました。リビルトしてから55年の歳月が流れ、今回の改修は耐震工事が主だったとか。耐震という言葉が普通に使われる様になったのも、ここ数年のことですね。

8時間ダイエット中の身分ですが、東京駅の待合で既に飲んでいます。好みのCOEDOです。漆黒の方が好きですが見当たりませんでした。 

T-6153627 

こだまに乗ったら乗ったで東京づくりを飲んだりして。

T-6153631

 

そして寝る間もなく小田原にトウチャコです。踊り子の方がゆっくり出来るかも。 

T-6153634

駅から小田原城を望む。意外に近いです。

T-6153810

    

小田原おでん 本店

まずは妻の最大の目的地小田原おでん本店へ。人気店なので事前予約をしております。案内では歩いて行けるらしいがオートン利用です。乗ってみてわかりましたが、歩いてたら予約の時間に間に合わなかったです。 暖簾が出ていますが定刻まで開きませんと店員さんが教えてくれました。

T-6153643

ここでも日本酒です。ルービじゃお腹が膨れてしまいますからね。

T-6153689

おでんはかる〜く載せときます。食べたのはご縁満開小田原だし丼1,900円です。美味しかったです。 このセットにはおでんが3含まれていました。

T-6153668

 

訪ねる前に参考にした大のお気に入りのblogです。

ameblo.jp

 

  

小田原城址公園・小田原城天守 

さて、私の目的地小田原城址公園へ。NHK真田丸ではそろそろ小田原合戦になる様ですし、良いタイミングです。

場所は小田原おでん本店から歩いて直ぐです。日差しが強くてしんどいですが、少し風があって助かりました。うん、中々の石垣です。

T-6153727

 

わざわざ城主様の登城ルートに沿って入城してみます。最初は馬出門(うまだしもん)。馬出門は内冠木門と合わせて2つの門になっています。石垣の石が左右で産地が異なる様にみえましたがどうなんでしょ。 

T-6153733 

T-6153735

 

銅門(あかがねもん)の方に進み住吉橋を渡ると内仕切門です。この仕切門は小さいです。敵の侵入阻止の役目を果たしているんですよね。

T-6153736

 

中に入ると有名な銅門が誇らしげに建っています。私が知ってる位ですから有名ですよね。この銅門は手前の内仕切門及び櫓門が合体した立派な門です。

右手の土塁には狭間という小さな穴がありますので侵入者を射ったのでしょうね。枡形ですね。門の堅牢さを観るに連れ観念するしかないと言う気になりますね。 

T-6153738

 

銅門は櫓門で梁は松、扉と柱は檜だそうで、錺金具が銅を使っているので名前の由来になったと書いてありました。なるほど〜確かに壮観で強固な作りです。 この梁の仕上げは釿(手斧)でしょうか。現場の大工さんはチョンナと呼ぶ工具です。最近現場で聞いたばかりで俄浅知識です。

T-6153742

 

紫陽花が綺麗です。私達は先週末に紫陽花を愛でたので遠くから望む程度にしました。

T-6153750

 

天守閣までの最後の門は常盤木門(ときわぎもん)です。多分もっとも堅固な門ですね。
多門櫓と渡り櫓からなる枡形構造の門でもの凄い迫力です。必見ですよ。

T-6153754

 

本丸広場には妙な獣の匂いがすると思ったらお猿さんがおりました。聞くと以前は動物園があったとか。この側の売店では何も食べる気にならないのは私だけでしょうか。

ところで、この望遠レンズ、お猿さんが綺麗に撮れていて凄く感激です。 

T-6153759

 

さて天守閣です。平成の大改修あとですので流石に綺麗です。耐震構造では近代建築にするしか術がありません。鉄筋コンクリート造3重4階建て、本瓦葺きで総枚数63,440枚使用。延べ床面積1,822㎡。総工費8,000万円です。意外に費用が抑えられていますね。

T-6153768

白い雲と同化してもとても綺麗です。この天守閣は16世紀の稲葉氏の時代の復元ですので、それこそ豊富秀吉と北条氏政時代の小田原攻めの時代の天守閣とは場所も全く違います。当時の場所はもっと西側の新幹線の向こう側にあったと伺いました。

T-6153770

 

さて、天守閣からの眺めです。遠くの鉄塔の先くらいの位置に、石垣山一夜城または太閤一夜城があったそうです。今は石垣山一夜城歴史公園になっていますが、歩いて行く距離ではありませんね。

T-6153771 

望遠レンズで撮ってみるとこんな感じです。場所はあってんのかなぁ。石垣山は、本当は笠懸山と呼ばれていて、秀吉が北条氏を水陸から15万の大群を率いて包囲し、本陣を総石垣の城で築いたことから石垣山と呼ばれているとか。ガイドさんに聞いたのですが、白紙などで白壁のように見せかけて、一夜のうちに周囲の樹木を伐採し、それを見た小田原城中の将兵が驚いて士気を失ったとか。実際には延べ4万人で90日間位の工期だっとか。2020年東京オリンピックメインスタジアムの収容人数は常設で8万人らしいから、4万人は凄い人数です。ガイドさん曰く、気づかない訳がないから、お城を作り慣れてたんだろうね。ですって。 

T-6153773

 

帰りは天守閣から小田原駅まで歩きました。石垣の苔は十分に歴史を刻んでますめ。  

T-6153778

   

ういろう駅前調剤薬局・喫茶部

歩き疲れたので駅前のういろう調剤薬局の喫茶部で甘味を頂きました。小田原に来たら外郎の薬とお菓子でしょう。と勝手に締括り帰路につきます。

T-6153793

駅から観た小田原城。ここからですと空が曇ってみました。 

T-6153806

 

今日はこの辺で。

弊blogをお訪ね頂き有難う御座いました。ではでは。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS 超望遠ズームレンズ  ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6

OLYMPUS 超望遠ズームレンズ ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しております。宜しればポチッとお願い致します。


写真ランキングへ