読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早食いエイコク堂

2014年4月〜2016年9月19日迄の記事です。以降は八五九堂Brogでリスタート。

第五回 眉鍋会《第十八回ラーメン二郎・ラーメン二郎京成大久保店を愛する者達のオフ会 2016夏》

二郎京成大久保 拉麺 早食いエイコク堂
広告


こんにちは、エイコク堂です。 (今回は写真多め、参加者のblogリンクも多めです)


この日は6月4日のことです。

前夜、禁断の夜二郎で味噌ラーメンを食べたのは、この日のためでした。
事前の確認事項などが御座いまして。

ラーメン二郎京成大久保店眉鍋会〜オフ会の巻♫


例年通りに朝も早うからご出勤です。
なんと9時30分にはシャッターPPの方が並んでましたから驚きです!




 


今年は娘を連れて参加しました。



 
集合時間に向けて一人また一人と集まり、その各々が少しづつ輪を作り会話が弾みます。
実行委員は準備よろしく早朝から集合し、既に持ち場についておりました。
この時点で娘の存在は浮いております。



 
集合後は会場設置班(会場直行)・買い出し班・運搬班に分かれ、皆さん自らテキパキと動きます。



 
今年も京成大久保店店主ご夫妻のご理解とご協力にて、特別な食材を用意して下さいました。
本当に有難うございます。




また、参加の皆さんからも沢山の差し入れを頂戴しました。
焼酎や日本酒、菓子等の酒の肴、竹岡ラーメンの都一の乾麺、そして仙川店の生麺。
その他には、崎陽軒のシュウマイ、馬肉、かんずり、マスタード等の調味料などなどです。




アテを少し紹介しますと、お手製の唐揚げや玉こん煮、玉子焼、ニラ漬け等などです。 



 
なんとお手製のドコでも二郎も登場。



 
昨年に引き続き、本マグロの差し入れもありました。



 
さぁ~て、湯を沸かして麺茹でから調理開始です。今年は各々が茹でましたよ。



 
これが第一杯目のセルフ二郎です。僭越ながら娘が頂戴しました。ブタが大杉でしたね。



 
解凍した本マグロは本当に美味しかった。滅多に味わえない代物でした。



 
辛子明太子も絶品でした。



 
第四回ではブタを肴にしたので、即ブタ切れになりました。
今年はその経験から、二郎栃木店のブタと、豚星のブタがたくさんありました。
買ってきて下さった方々に感謝致します。



 
そして、私の最初の一杯は、かつお節の掛け過ぎで、何がなんだかわからない一杯になりました。
でもね〜凄く美味しいんです。向後店主の技をここでも感じ入ってしまいました。
店主が盛った分量配分なら、もっともっと旨いに違いありません。
凄さがわかりました。



 
喜界島も美味しかった~。




刻み玉ねぎも急遽登場し、最高のアテになりました。



 
組長の一杯目はドコでも二郎の前で食べられてました。



 
茹でしらすです。贅沢に沢山頂きました。



 
こちらは、生ヒレ肉を京成大久保店のスープ鍋で煮た特製のブタです。
鍋会ならではの贅沢な一品です。ムチャクチャ美味しかったです。




 
今年も都一の乾麺と、京成大久保店のスープで竹岡二郎を。少しアブラ多めでしたね。



 
こちらは豚星のブタでしょうか。解凍していよいよカットです。
包丁さばきも宜しく、グローバルの包丁も良く切れます。



 
最後に仙川の麺、豚星のブタ、シラスを載せて、京成大久保のカネシで汁なしです。
※豚星のブタは解凍時間が足りなくてカタメ。豚星さん申し訳ありません



この辛い黄金一味は本当に辛かった~けど旨い!




楽しい一次会は掃除と記念撮影で終了。
帰宅する方々とお別れして、河岸を変えて二次会スタートです。
玉こん煮がたくさんあり、最高のアテです。
 



山形のお酒は最高でした。



 
今年も、総勢約40名。遠くは山形、会津、愛知からもご参加頂きました。
毎度のことですが、会の最後の方は記憶が曖昧です。




まず、ラーメン二郎京成大久保店 向後店主と奥様に深く感謝申し上げます。 

今回の第五回の節目を持ちまして、同形式でのオフ会は終了になります。
また、違う形でオフ会が出来ると良いと希望しております。

今回ご参加頂いきました皆様に深く御礼を申し上げると共に、
実行委員の一人として至らぬ点があったことをお詫び申し上げます。

有難うございました。

お終い

 


-bonus-

afromanjaro.hatenablog.com

 

-Link of the participants blog- 

d.hatena.ne.jp

120-120.at.webry.info


ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

◆◆◆◆◆◆◆  

最後までお付き合い頂き有難う御座いました。 
尚、この駄blogのリンクや写真の無断での転写はお断りしておりますご了承願います。