読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早食いエイコク堂

2014年4月〜2016年9月19日迄の記事です。以降は八五九堂Brogでリスタート。

天龍@千葉県船橋市 初訪問

広告


こんにちは、エイコク堂です。

午後からの所用に託けてランチを食べようと少し早めに外出しました。
京成本線船橋に差し掛かる手前の車窓から街を見下ろしていると住宅街にらーめんと書いてある暖簾が見えました。
日暮里で乗り換えて駒込麺屋ごとうに行こうと思っていたのに反射的に下車してしまいました。

京成船橋駅から京成の架橋下を抜けて住宅街へ急ぎ足で歩きます。
電車から見えた地理を頭に思い浮かべながらの歩きでしたが、ドンピシャでお店の前にトウチャコしました。

40年代から営業しているお店でノスラーを頂く♫   


実は以前にも電車から暖簾を見かけたことがあるのですが、勝手に幻だと決め込んでおりました。
だって、新し目の住宅街だし、お店が立地している感じは無いし、小学校も綺麗になったし、なんとなくそんな感じに思っていたんです。
大変失礼致しました。
しか~し、お店の前に立ってみてマジで逡巡しましたよ。店名も書いてないんだもん。

大好きな街 船橋のお店を勝手に紹介する船橋シリーズ!です。

t-6090089_27281009420_o

 

 

向こうに見える京成の架橋から見えたんですね。
では、勇気を振り絞って暖簾をくぐりました。

t-6090090_27281009610_o
 
入ってみて、思わず「お~~~…。」と小さく驚嘆。
お品書きの短冊の色はそのまま歴史を語っておりました。

推薦 清潔な店のペナントが貼ってあります。
綺麗に掃除されています。汚いではなく、レトロです。

あれは何?朝鮮人参か…。カエルの剥製かと思いましたよ。

t-6090075_27523602466_o

ご主人が小気味な動きで、テーブルにお冷を置いて下さいました。
やや冷たい水道水に氷入りです。

t-6090077_27523604296_o

卓上のセットも正にレトロです。
この灰皿も箸立ても調味料入れも、完全にレトロです。綺麗にしてあります。

t-6090078_27523604926_o

何を食べようか悩みましたがチャシューメン550円にしました。
だって、チャーと語尾が伸びないんだもの。

t-6090080_27523605436_o

お~なんというビジュアル。正にノスラーです。
ナルトにメンマ、海苔、刻みネギ、チャーシューも丁寧に作られています。

t-6090082_27523606046_o

どれどれとスープを味わいました。
チャーシューを浸けた醤油ダレと鶏ガラスープからなる優しい味です。
インパクトはなく、優しい、少し甘ささえ感じます。
これはこれで良いんじゃないでしょうか。

t-6090084_27281008430_o

麺は定番の中細の中華麺で、このラーメンにピッタリです。

t-6090085_27281008560_o

化調もほとんど使ってないんだと思います。少しも諄さを感じませんでしたから。

t-6090087_27281008710_o

会計時に厨房側に行くと女将さんが座っておりました。会計係りなのかな?
懐かしいお味の感想を美味しかったですと伝えて聞いてみると、40数年営業しているらしいです。老舗じゃないですか。

t-6090088_27281009080_o

帰りしなに電話が入って、天龍です!って応対してたので、店名が天龍だと分かりました。
次回機会があれば、タンメンでも頂きたいと思います。


◆◆◆◆◆◆◆◆

天龍ラーメン / 京成船橋駅船橋駅大神宮下駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.7

 

最後までお付き合い頂き有難う御座いました。  

尚、この駄blogのリンクや写真の無断での転写はお断りしておりますご了承願います。

 


人気ブログランキングへ