読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早食いエイコク堂

2014年4月〜2016年9月19日迄の記事です。以降は八五九堂Brogでリスタート。

谷津バラ園 2016初夏  @習志野市谷津

街歩き カメラ レンズ E-M5 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 大好きな街 公園 Photoブログ
広告

T-5222517

T-5222569

こんにちは、エイコク堂です。
何となく朝寝坊した日曜日、ランチついでに市内の谷津バラ園に行ってきました。近所には「京成バラ園」と「谷津バラ園」があり、バラの鑑賞には好立地なんです。

    

京成バラ園・ローズガーデン

こちらは京成電鉄グループの京成バラ園芸㈱が運営する広大な園芸のショップと、バラの聖地ローズガーデン(入場料1,200円)を併設する施設です。わたしは、2週間前に出向き、駐車場渋滞で断念し、今年はバラが見れなかったな!と諦めておりました。

京成バラ園芸 ← リンクはこちら。

  

谷津バラ園

谷津バラ園習志野市の管理施設です。したがって入園料も比較的安く(季節によって変わり、5月~370円)、併設する花木広場が臨時駐車場になり、市民の憩いの場という立ち位置になっています。市の施設だからと侮るなかれ、面積12,600㎡、ほぼ正方形の敷地の中に700種類、7,000株のバラがあります。立派なものです。

歴史は古く、昭和32年に谷津遊園(のちの船橋ヘルスセンター)の一部として開園し、規模を拡大して一時期は東洋一と言われたらしく、京成の谷津駅は谷津遊園駅と称していた時期もあるそうです。谷津遊園は京成電鉄の経営問題とディズニーランドへの移行で閉鎖し、バラ園は習志野市が購入して谷津バラ園として今に至ります。

しかし、実際の運営は京成バラ園京成バラ園芸に委託していますので、どちらも京成バラ園芸の力によるところ大なんです。

谷津バラ園 ← リンクはこちら。

 

 

 

習志野市のHPでは「満開」となっていましたが、実際にはピークは5月18日だったそうで、既に終わり加減のバラもありました。全体としては70%の開花率だそうです。  

T-5222544

強い日差しのもとでバラは鮮やかな色でとても綺麗ですが、すこし枯れかけた花びらの雰囲気がなんとも複雑な気持ちになります。感傷に浸りすぎですかね。 

 

T-5222548

T-5222712

この日は背景をとろける?様なボケが欲しかったので、OLYMPUSの60mm macro f2.8 にPLフィルターをつけて持参。接写よりも焦点距離長めで撮ってみました。  

 

T-5222554

まぁ~当然といえば当然ですが、7割りの来場者がカメラ片手です。後はスマフォです。作業着を着込んで三脚設置で寝転がって撮っている強者もおり、フルサイズ機を羨ましく眺めながら歩きました。

 

T-5222525

T-5222689

接写にも挑戦しましたが、風もあり難しいです。ピーキングしているそばから揺れる揺れる、わたしの体も揺れる揺れる。なんとか一枚だけでした。 

 

T-5222588

朽ちたバラが木漏れ日の中で寂しそうに見えました。 

 

T-5222631

ツルバラのアーチで作られた薔薇のトンネルはお母様たちが話の花を咲かせています。 

 

T-5222699

バラのバーゴラ。こちらも眩しい日差しの下で綺麗でした。

谷津バラ園は6月一杯まで休館無しで営業しています。開花率は70%ですので、まだまだ楽しめます。また、秋のバラも綺麗ですので、逃した方は秋も狙い目です。

 

今日はこの辺で。 

弊blogをお訪ね頂き有難う御座いました。ではでは。 

 

 

 

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro

 

 

 

Kenko PLフィルター サーキュラーPL 46mm コントラスト上昇・反射除去用 346129

Kenko PLフィルター サーキュラーPL 46mm コントラスト上昇・反射除去用 346129

 

  

 

ブログランキングに参加しております。宜しればポチッとお願い致します。


写真ランキングへ