読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早食いエイコク堂

2014年4月〜2016年9月19日迄の記事です。以降は八五九堂Brogでリスタート。

一燈さん旨すぎです!@麺屋一燈 初訪問

広告

麺屋 一燈 〜今頃?って言われますよね!〜 


お早うございます。 
弊blogにお訪ね頂き有難うございます。最後迄お読み頂ければとても嬉しいです。 

◆◆◆◆◆◆◆ 


初めてなんです。信じて下さい。
もう何年も営業してるんですよね。
お休みも無くしたらしいですね。
もの凄く並ぶんでしょ。
こうじグループならば、一番の富田さんで食べたことがあるから、慌てなくても良いかなぁ〜って。
とても美味しいって噂は聞くけど、新小岩で降りるなら、小岩まで行って二郎食べるしな〜。

でも、最近はバラエティ豊かな系列店がオープンしてるらしいから、一度は行ってみます。
と、新小岩駅で下車しました。たぶん、新小岩初下車です。

どちらの一燈さんにしようか逡巡しましたが、本家本元から訪ねてみることにしました。
お腹に余裕があれば連食もできるしね。

総本山の"麺屋 一燈"さんにお邪魔しました。 

店外の並びは丁度お店の前に10数名位と比較的短めでした。
お昼休みを過ぎてた為か、他の系列店に分散したのか分かりませんが、待ちが少ないのは歓迎です。

この日のメニュー選択は、濃厚系だと舌馬鹿なので分らなくなると思い、半熟味玉(塩)芳醇香味そばの食券を買いました。
もう少し悩む時間が欲しいですね。



ホール係さんは終始客捌きに奔走のご様子。忙しいですね。外待ちは15分位でした。
着席とほぼ同時にラーメンが出来上がり、見上げる程高いカウンターに置かれました。
完全に立ち上がって、両手で自分で下ろさなければならないのって、どうなんだろう。と考えながら丼ぶりを下ろします。




やはり、もの凄く綺麗なラーメン。と言うのが第一印象です。




ライティングも計算されてるんだろうね~




なんだろう?鶏油が黄金色に輝いているのは良くわかります。生唾もんです。
豚と鶏の低温調理チャーシューです。考案店だけあって美味しそうです。




メンマも太め、ネギもいい感じの色合いです。




麺は意外に細いですね。でも良くスープが絡んで美味しいです。結構加水率が高いのかもね。




半熟味玉。何、これ。ウマ過ぎです。色んなお店で美味しい味玉を食べましたが、これは美味しい。




あっと言う間に完食。馬鹿だと言われると思いますがスープの完飲は自粛しました。(本当に馬鹿)



食べ終わると、また丼ぶりを高いカウンターまで載せて欲しいと張り紙がありますが、ホール係さんはBSの記者さんと終始取材について立ち話してるし、布陣数に問題があるようには思えませんでしたから、客にさせるのはどうかな〜と個人的な感想です。
外に出ると列はもっと短くなっていました。道路の先のつけ麺一燈さんは店内1名と空いていましたよ。



美味しすぎたんで、余韻を愉しむために連食は無しにしました。あっ、ラーメン一燈さんも空いていました。
ご馳走様でした。最高でした。

◆◆◆◆◆◆◆

最後までお付き合い頂き有難う御座いました。
尚、この駄blogのリンクや写真の無断での転写はお断りしておりますご了承願います。   

一燈ラーメン / 新小岩駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0